4,000名以上の経営者への教育実績を誇る
アチーブメント代表の青木が直接語る
トップライブ

目指すは世界最高峰の
人材教育コンサルティング会社
代表自ら語るアチーブメントの未来とは

経営者をはじめとする36万人以上のプロビジネスパーソンに教育を行ってきた
アチーブメント代表の青木は、日本でも屈指の人材教育のプロ。
今回のトップライブで青木から直接語られるのは、まさに【アチーブメントの真髄】
【アチーブメントという会社がどのように生まれ】【何を大切にしているのか】
【そしてこれから先、どこを目指していくのか】
毎年、アチーブメントに志高い優秀な人材が多く集まる理由も、
青木の話を聞いていただければ納得していただけると思います。

講師青木仁志 プロフィール

アチーブメントグループ 代表

北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。

日本F3選手権のパートナーとしての若手ドライバー育成を行うなど、活動の幅を広げており、グループ会社としてアチーブメント出版、アチーブメントダイニング、アチーブメントプロデュース、アチーブメントトレーナー育成センター、アチーブメントシステムズの5社を設立し、グループ傘下として、ララクリニックも経営。教育に軸足を置きながら、目標達成・自己実現を支援する事業を展開。

また、自ら講師を務める「戦略的目標達成プログラム『頂点への道』講座」は、講座開講以来、26年間で658回開催し、新規受講生は33,164 名。その他、研修講師として、会社設立以来、364,694名の研修を担当。著書は、22万部のベストセラーとなった「一生折れない自信のつくり方 文庫版」をはじめ、「成功への選択」など51冊。解題 新・完訳 「道は開ける」「自助論」「成功哲学」「神さまに教えてもらった負けない心のつくり方」の計4冊 。うち11点が海外でも翻訳刊行。
著者として、社団法人日本ペンクラブ正会員、国際ペン会員としても活動している。
専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。

2010年から3年間、法政大学大学院政策創造研究科客員教授として、講義「経営者論特講」を担当し、法政大学大学院 坂本光司教授が審査委員長を務める「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」の審査委員も務めるなど、中小企業経営者教育に力を注いでいる。2017年より、復旦大学 日本研究センター 客員研究員に就任。

青木仁志

アチーブメント株式会社2018年度採用 【トップライブ】

開催日時:
【東京開催】
2017年8月30日(水)13:30-15:30
会場:
アチーブメント高輪研修センター  アクセス
服装:
自由(ぜひ私服でお越しください)