ACHIEVEMENT

挑戦活躍
げ、 よりくの
期待に応えたい。

人について

profile

大学在学中に、自身の高校時代の経験や開業したカフェの運営を通して、教育者の指導方法の違いについて興味を持ち研究を始める。その後、就職活動を進めるなかで自分が理想とする教育をビジネスへと昇華させているアチーブメントと出会い、2017年に新卒入社。現在は営業企画チームに所属。

interview

chapter01

Chapter01

学生時代の経験から、 人の生き方を見つめ直す。

私の所属する営業企画チームは、当社商品の入り口である『頂点への道』講座に来ていただくためのマーケティング戦略を主に担当しています。また、さまざまな経済団体との連携や、アチーブメントの主催するセミナーへの導線づくりもおこなっています。 大学時代は、学生仲間とともにカフェを経営していました。きっかけは「やりたいことはあるけれど、自分にはきっとできない」という友人の言葉。当時、都心の大学であれば情報も入りやすく精力的に活動する学生は多かったものの、私の大学は地方だったこともあり挑戦する機会自体少なかったんです。そんな状況でも、様々な人や価値観に触れることで「学生が自分らしく輝ける場を創りたい」という思いから運営を続けました。

chapter02

Chapter02

自分の理想の組織を体現する、 アチーブメントとの出会い。

高校時代の進路選択における教師の関わりや、カフェの運営などを通して、いつしか「組織の指導者の指導方法によって、そこに所属する人の人生は大きく変わる」というテーマに興味を持つようになり、大学院で組織の指導者の指導方法や組織づくりについて研究を始めました。しかし、研究を進めながらも「教え方や考えは人それぞれ。教育を学問で証明すること自体が机上の空論なのかもしれない」という迷いもありました。そんな思いを抱えながら進めていた就職活動で出会ったのが、アチーブメントでした。 先輩社員たちはみなさん輝くような笑顔で働いていて、私がかつて思い描いていた「生き生きと、やりたいことを実現している人、組織」そのものだと感じました。なにより、自身の研究対象であった指導者教育を実学で証明していることが決定打となり、入社を決めました。

Chapter03

やりがいある日々が、私を磨いてくれる。

入社後はパーソナルコンサルタントとして業務にあたっていましたが、1年半ほど経ったタイミングで当時1億の売上を達成した先輩社員の営業アシスタントの兼務を任命されることに。さらに翌年には商品開発を兼務。 パーソナルコンサルタントとしてお客様のフォローはもちろんのこと、先輩が営業活動に専念できるようにするためのサポート。そして、商品開発における主力商品の開発など自分に出来ることをとにかく懸命にやりました。目が回るほど忙しい毎日ではありましたが、努力は実を結び、それぞれの役割において目標を達成することができました。そこから学んだ「いかにして自分の責任領域を拡張していくか、そのために自分に出来ることはなにか」という考え方は、現在の所属である営業企画の業務にもしっかりと生かされています。

chapter03

Chapter04

無限に広がっていく、 「教育」の可能性。

これは当社の特長でもあり、営業企画という仕事の魅力でもあるのですが、一人では到底成し得ないことだとしても、仲間や組織の力を借りることで1だった可能性を100にも1,000にも高めることができるんです。より多くの指導者の方にアチーブメントの人材教育を体得していただき、やがて社会全体へと波及させていく。それが変わることのない私の目標です。 「自分の意志を持ち、自ら人生の舵をとっていける人」を一人でも多く増やすために、広い視野で物事を捉え、何より私自身が強い意志をもち、仕事を楽しむことを忘れず、アチーブメントの掲げる「上質の追求」を実践していきたいと思っています。

my activity

my activity

休日は学生時代に住んでいたシェアハウスから引き取った愛猫に、いつも癒されています。ほかにも、月に一度「文化に触れる日」という名目で、茶道体験やミュージカル、美術館などに足を運んでいます。

back to contents list

about us

基

アチーブメントのことが、
大体わかるコンテンツ集