pic pic

岩野耕祐

KOUSUKE IWANO

  • 2016年 
    新卒入社。
    パーソナルコンサルティング部に配属。
  • 2018年 
    個人で2億円の売り上げを達成し、
    MVPと社長賞を2年連続でW受賞。
  • 2019年 
    最年少拠点長に就任。

世界最高峰の人材教育
コンサルティング企業を
つくりあげたい。

「日本一難しいインターン。
あなたもチャレンジしてみないか。」

このメッセージをTwitterで発見したのが、
アチーブメントとの出会い。

選考を重ねるごとに
アチーブメントの魅力に虜となり、

4度のチャレンジを経て、内定を勝ち取る。
入社後はパーソナルコンサルティング部に
配属され、

新人歴代最高の契約数を樹立し、
新人賞と社長賞を獲得。

2018年には個人で2億円を売り上げ、
1年間で300名の新規受講者と

契約を交わし、
2年連続でMVPと社長賞のW受賞を果たす。

2019年最年少拠点長に就任。
トップセールスマンとして
成果を出し続ける秘訣を伺いました。

pic

どんな仕事をしていますか?

「アチーブメントの教育を
すべての人に伝えたい。」

今は東京本社の営業拠点長を任されています。普段の活動は大きく3つ。1つ目は、パーソナルコンサルタントとしての仕事です。中小企業の経営者の方に今後のライフプランや会社経営の目標を伺い、戦略や学習プランをご提案すること。2つ目は、マネジャーとしてメンバーの日々の営業活動の振り返りやフォローをすること。3つ目は、アチーブメントをもっと良い企業にするための企画やプロジェクトに参加することです。この3年間、新人賞や社長賞などの評価をいただきました。しかし大学時代から優秀な人間だったわけではありません。実は…採用の選考を4回も受けているんです。アチーブメントの選考は合格基準に満たない場合でも再チャレンジできる制度があります。そのおかげで内定を勝ち取ることができました。何度もチャレンジしたのは、アチーブメントの伝えている「教育」が世の中にとって必要なものであると確信したからです。それを広めるための仕事をしたいと思ったので、アチーブメントで働くことを強く希望しました。

pic

やりがいを感じた瞬間を
教えてください。

「どんなに大変でも、花は必ず開く。
やりがいを感じない日はない。」

アチーブメントに入社してから、やりがいを感じなかった日はありません。もちろん苦労や大変さを感じることはありますが、「アチーブメントに出会ってよかった!」とお客様から毎週のようにメッセージをいただくので、それが大きな糧となっています。1年目に新人で最高の契約数を獲得したことも励みになっています。入社当時、過去の最高記録は1年間で60件。私はその倍の120件を達成することを宣言し、営業活動も取り組みました。締め日である3月31日の17時。あと1件ご契約をいただければ目標達成ができる状況だったのですが、予定されていたアポイントがすべてキャンセルされ、心が折れそうになっていました。「諦めずにやりきってみよう」と上司が声をかけてくれて、再度アプローチを続けました。その結果「30年間、縁を切っていたお父様に話してみる。」と茨城にお住いの経営者のお客様が話してくださり、なんとかその日中に最後のご契約をお預かりし、120件という大きな目標を達成することがきました。そしてご紹介してくださったお客様は、この出来事をきっかけにお父様と和解し、今では一緒に事業を営むようになっています。

pic

結果を出すために大切にしていることは何ですか?

「等身大で勝負する。」

顧客の成果の創造に貢献する。それが私の信念です。ときには、私自身が経験していないことや、私の器を超えた問題をお客様からご相談いただくこともあります。そういうときは迷わず「私はこう思います」と答えるのではなく、弊社が蓄積してきたノウハウを代弁するようにしているんです。例えば、従業員の離職が止まらなくて困っているとお客様から相談をいただいたとしたら、「弊社の場合はこのように対応してきました。似たような状況のとき、代表の青木はこう考えていました」という形でお話をしています。「離職を止めるためには、これが必要です」と自分の考えを伝えることもできますが、30歳以上も離れた若者に言われたら、話を聞きたくなくなりますよね。経験のないことを話すことほど、無責任なことはない。自分がやってきていないことはお伝えしないようにしています。その代わりにアチーブメントの研究はたくさんしました。当時、社長の青木の本が47冊出版されていたのですが、入社前までにすべてを読破。社長がどんな想いで創業したのか、どういう出来事を経てアチーブメントを変えてきたのか、その歩みを勉強しました。お客様の状況とアチーブメントの過去の出来事を対比させながら、ご相談に乗るようにしています。

pic

あなたにとっての最高峰とは?

「さまざまな問題を解決できる
コンサルティング会社に。」

世界最高峰の人材教育コンサルティング企業をつくり上げることです。世界最高峰とは、お客様には「世界で最も結果が出る教育の提供」、社員には「世界で最も社員が幸せで物心両面豊かな会社」、社会には「世界で最も教育で世界平和に貢献すること」です。日本は中小企業が99.8%を占めていますが、平均の経営者の年齢は68歳。このままでは事業承継がうまくいかず日本経済は停滞するでしょう。また世界では海洋プラスチックなどの環境問題、飢餓や貧困、自殺やいじめなど、さまざまな問題が起きています。これらはすべて「人」がつくり出している問題です。「人」の考え方がこの地球の未来を決めています。アチーブメントの教育を世界に広げ、この世の中から「人」に関するあらゆる問題を解決していきたいと思っています。

pic

PAGE TOP